The Spirit in the Bottle

旧「小覇王の徒然はてな別館」です。movie,comics & more…!!!

Excelsior,Stan Lee スタン・リーの世界

  11月13日未明、寝れずにいた僕がツイッターを覗いていたら突如飛び込んできたのが「マーベルレジェンド、スタン・リー95歳で死去」というニュースだった。

 

 お陰でその日1日は何も手につかない精神状態だった。何しろ95歳、いつかこんな日が来る、というのは覚悟はしていたし、この歳ならどんな亡くなりをしたとしても大往生といえるだろう。ただ直前には映画「ヴェノム」のカメオ出演で元気な姿を見せていたし、それでよりショックだったのも事実。以前に水木しげるが亡くなった時の記事にも書いたが水木しげるクリストファー・リー、そしてスタン・リーの3人(ついでにいうと亡くなった時期は大きくずれるが山田風太郎も)はともに1922年生まれ。この怪奇とファンタジーの偉大なる創造主が相次いで亡くなってしまった事となる。先述した通り3人共90歳越えの大往生。その意味で寂しさはあるが不思議と悲しさは少ない。最後まで知的好奇心を保ち続けた人に特有の飄々とした人柄もあってまたすぐにひょいっと姿を表しそうな気もする。何より彼らが生み出した幾多もの作品たちが今後も僕達を彼らに会わせてくれる。

 僕にとってはスタン・リーはクリストファー・リーブルース・リーと並ぶ世界三大リーでもあるわけだが、この「スタン・リー」と言う名前は本名ではなく産まれた時の名前は「スタンリー・マーティン・リーバー」だった。編集人、コミック作家としてのペンネームとして「スタン・リー」を生み出した。本名はいずれ小説家として偉大なアメリカ文学をものにした時用に取っておいた、という理由は有名だ。ニューヨークに生まれ、1939年にタイムリーコミックス(後のマーベルコミックス)に入社、編集や原作(脚本)に関わるようになったリーはまさにゴールデンエイジ*1から業界にいる生き字引だったわけだが、やはり彼をアメリカンコミックス界における伝説にしたのはシルバーエイジを牽引したことだろう。シルバーエイジは1956年のDCの二代目フラッシュの登場から始まるとされているが、1961年にスタン・リーがアートのジャック・カービーとともに「ファンタスティック・フォー」を誕生させたことが大きい。これまでの完全無欠なヒーローに対し新しいヒーローたちは、人間関係や経済的な悩みも持ち、口げんかも多い人間的な苦悩を備えた存在だった。1963年には打ち切りの確定した「アメイジング・ファンタジー」誌15号に「スパイダーマンをデビューさせる。最初の話は蜘蛛の力を手に入れた科学オタクの少年(ピーター・パーカー)がその力を正しいことに使わなかったばかりに愛する人(ベンおじさん)を失う、というヒーロー物というよりは教訓めいた民話のような物語だったが、これが人気を博し、マーベルを代表するキャラクターとなる。以降スタン・リーは「ハルク」「アイアンマン」「ソー」など現在でも映画などで大活躍するヒーローを次々と生み出し、また「キャプテン・アメリカ」や「サブマリナー」といった戦前から存在するヒーローにも新たな活躍の場を与え、コミックスのルネッサンスを創出することなる。

 本来裏方であるはずのクリエイターを前面に出すようにしたのもスタン・リーが最初だ。表紙などにライターやアーティストの名前をクレジットするのはもちろん、末頁には自身と読者の通信欄なども作った。こうした中で「スタン・リー」という名前が世間に浸透していくこと成る。

 マーベル・メソッドと呼ばれるアメコミ独特の創作方法を生み出したののもスタン・リーで、これはほぼ一人でマーベルのコミックスのライターをやっていた時期に、プロットだけアーティストに渡し、アーティストはそのプロットにしたがって作画をする、帰ってきた作画に後からセリフを入れていくという日本のネーム先行とは逆のやり方で、捨てゴマを多く使い、流れるように読む日本の漫画と一コマ一コマの絵に力を入れているアメコミの差がはっきり分かれてきたのはこの方式の浸透によるのも大きいと思う。

 自己顕示欲の強い、良くいえば自己アピール能力に長けた、悪くいえば他人の名声をも自分のものとしてしまう人物だったのも確かなようでパートナーとして長年タッグを組んでいたジャック・カービーとも仲違いしたりもした。

 スタン・リーはよく「日本でいうところの手塚治虫的存在、彼がいなければ今のコミックシーンはぜんぜん違うものになっていただろう」などといわれる。僕もその意見には異存はないけれど、単に作品の創出する作家としてだけでなく、物語を越えて活躍するヒーローキャラクターの創造という点ではむしろ石ノ森章太郎(そしてそのアシスタント出身でやはり多くのキャラクターを創出した永井豪)の方により近い気がする(もちろん手塚治虫も単にキャラクターの創出という点でも凄いけれど)。ともに作品を読んだことがなくてもキャラクターは知っている人は多いだろう。今年はちょうど石ノ森章太郎生誕80周年であり没後20年でもある。

 ここからは僕の妄想で全く根拠は無いのだけれど、以前から日本の誇るスーパーヒーロー番組であるスーパー戦隊シリーズ元祖「秘密戦隊ゴレンジャー(1975年)」には「X-MEN(1963年)」のオリジナルメンバー(サイクロップス、ビースト、エンジェル、アイスマン、マーベルガールの5人)の構成とコスチュームのデザインがアイデアの一助として影響していると思っている。原作版「仮面ライダー」の本郷猛と執事立花藤兵衛の設定は「バットマン」の影響が強いし、当時の漫画家は今以上にアメコミを読んでいるし影響を受けている。

f:id:susahadeth52623:20181115201701j:imagef:id:susahadeth52623:20181115201705j:image

 もちろん、「ゴレンジャー」はそもそも「複数の仮面ライダーによるチームヒーロー」というコンセプトが東映側から提案されたり、石ノ森章太郎にはすでに「サイボーグ009」というヒーローチームの金字塔的作品があり、ゴレンジャーから始まってスーパー戦隊の特徴である敵怪人との対決前の名乗り、口上は歌舞伎の「白浪五人男」が元ネタとしてあるように幾つものアイデアが複合して出来上がったものだけどその一つとして「X-MEN」もあるのではないかと思う。

 

 そうでなくても石ノ森章太郎原作ではなくなったスーパー戦隊シリーズ第3弾「バトルフィーバーJ*2東映マーベルコミックスの提携によって産まれた作品第2弾だし(第1弾は最近逆輸入の形で本家にも参戦した東映スパイダーマン」)、「マーベル+ゴレンジャー」と言う形で産まれた「スーパー戦隊シリーズ」はのちに「パワーレンジャー」として世界的に展開していくわけで、日本、アメリカのみならず世界中の子どもたちはスタン・リーと石ノ森章太郎の影響を受けずに育つことはないのである(大げさだが実際そうだと思う)。

 長年マーベル・コミックスの発行人として活躍し続けていたスタン・リーだが最近は日本との関わりも深く、「HEROMAN」「機巧童子ULTIMO」「THE REFLECTION」などを日本のクリエイターとともに手がけていた。 

HEROMAN 1 (ガンガンコミックス)

HEROMAN 1 (ガンガンコミックス)

 
HEROMAN Vol.1 (初回限定版) [Blu-ray]

HEROMAN Vol.1 (初回限定版) [Blu-ray]

 

 最近の活躍でいえば映画の特に自身が原作としてクレジットされている作品の映画化作品においてカメオ出演するおじいさんとして知る人も多いだろう。2000年の「X-MEN」からほとんどの作品に顔を出し、その特徴的な姿を見せている。マーベル・シネマティック・ユニバースにおけるスタン・リーはこの世界を観測する役割を持った「ウォッチャー」なのではないか?などという説がファンの間ではまことしやかに語られ「ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシーリミックス」ではその冗談を受けた出演の仕方をした。僕が好きなスタン・リーのMCUでのカメオ出演は「インクレディブル・ハルク」で、ここではハルク(ブルース・バナー)の血が混入したジュースを飲んで昏倒するという役を演じていて、お陰でハルクの居場所がロス将軍にバレる、というMCUの中ではほぼ唯一物語にも関わってくる役として出ている。

 最後に、僕がもっとも好きなスタン・リーの出演シーンと、コミックスを紹介して終わろう。まずはケビン・スミス監督作品「モール・ラッツ」。ここで恋人に振られ「もういい加減大人にならなきゃな」と思っている主人公の前にスタン・リー本人として現れる。興奮した主人公(「FF」のゴム人間リード・リチャーズの股間はどうなっているのか?と執拗に質問する)に呆れつつ自分らしくあることの素晴らしさを説き、主人公を発奮させる。


Mallrats - Brodie Meets Stan Lee

 コミックスではやはり”キング”ジャック・カービーとのタッグ作である「ファンタスティック・フォー」のシルバーサーファーとギャラクタス襲来の一連のエピソード。僕はマーベルのキャラクターとしても作品としても「ファンタスティック・フォー」自体は「スパイダーマン」や「X-MEN」に比べるとそれほど大好きというほどでもないのだが、このエピソードだけは別格。友達の持っていた光文社からでていた白黒の翻訳コミックスを借りて読んだ。本来フルカラーであるのに対して白黒になり、小野耕世氏による翻訳は子供向けになっていたが、そのストーリーの壮大さ、個性的なキャラクターの魅力、」ジャック・カービーの力強い絵の魅力とすべてが衝撃だった。僕を決定的にアメコミの道に踏み入れさせたのは間違いなくこのエピソード。

f:id:susahadeth52623:20181115201733j:imagef:id:susahadeth52623:20181115201740j:image

 

 とりとめなく書いてきたが少しでもこの偉大なクリエイターのことを知っていただけたら幸い。」そして作者はこの地上から去ったが、作品とキャラクターは残り続けるのだ。作品を読めば、そして見ればそこにスタン・リーは存在する。影響は今後のクリエイターたちにも与え続けるだろう。

EXCELSIOR!

R.I.P Stan Lee(1922~2018)

EXCELSIOR,STAN

f:id:susahadeth52623:20181115201755j:image

 

 

*1:初期の1930年ごろから1938年のスーパーマン誕生を経て始まる最初のコミック全盛期

*2:石ノ森原作でなくなったことや巨大ロボットが登場することからシリーズ初期はこの作品を第1作とすることあった

才能と嫉妬と劣等感 「累−かさね−」と「響−HIBIKI−」

 さて、久々の単独映画記事、といきたいのですが故あって2本まとめてです。普段あんまり邦画を観ない僕がかなり前から気になっていた2本。しかも共通点が多いのでまとめて感想あげます。「累−かさね−」と「響−HIBIKI−」を観賞。

f:id:susahadeth52623:20180921132509j:image

  • 「累」物語

 今は亡き女優、淵透世を母に持つ累(かさね)。しかしその容姿は母に似ず、更に口裂け女のような大きな傷があることから劣等感に悩まされ孤独に生きてきた。母の13回忌で出会った男羽生田から演劇の舞台に誘われた累はそこで美しい丹沢ニナと出会う。ニナはとある理由から演技に注力できず中々芽が出ない。羽生田の提案は累がニナの代わりを務めること。実は累が母から受け継いだ口紅はキスした相手とかを入れ替えることができる不思議な力を持っており羽生田はそれを知っていたのだ。

 入れ替わった累は丹沢ニナとして表舞台に立つ。新進気鋭の演出家烏合霊汰の舞台のオーディションに合格する累。しかしニナは自分の人生を奪われるのでは、と徐々に恐れを抱いていく……

  こちらは土屋太鳳と芳根京子という2人の女優のぶつかり合い。この二人が顔を入れ替えるという設定のもと、互いを演じ合う。この二人は似たキャリアを積んでいるが演技の仕方としてはわりと対照的だと思う。芳根京子の方は僕はちゃんと認識したのは「表参道高校合唱部」での合唱好き少女の役。そしてその後朝の連続テレビ小説「べっぴんさん」の主演を経て現在。一方、土屋太鳳は「リミット」と言うドラマで知ったがちゃんと認識したのは映画「るろうに剣心」の巻町操役。その後朝ドラ「まれ」を経て、つい最近は「チア☆ダン」のドラマ版で主演していた。似た経歴の二人だが、俳優としての種類はわりと別物で、土屋太鳳は何を演じても土屋太鳳らしさが現れるスタータイプで芳根京子芳根京子としてはそんなに印象に残らないが役をきっちり演じきる演技派タイプという印象。土屋太鳳た太陽なら芳根京子は月。そんなイメージがある。

 この映画でもその印象は生かされている。

 この映画は原作が松浦だるまのマンガ「累」全14巻で、映画は最初の4巻までを使用している。僕は映画を観てから原作漫画を読んだのだが、わりと大胆に脚色・改変しているように思った。おそらく続編などを考慮せずあくまでこの一本だけでの完結を目指したのであろう。余計な部分(多くは累や透世や口紅の秘密に関する部分)を省き、累とニナの二人の関係にテーマを絞っている。更に原作はあくまで累が主人公であり、ニナはその中で出会う一登場人物に過ぎない(4巻で退場してしまう)が、映画はこの二人をわりと対等な主人公同士として描いている。しかし結果テーマ部分としては原作の訴えたいことがより鮮明に浮かび上がったのではないかと思う。

f:id:susahadeth52623:20180921132702j:image

 僕が最初に思ったのは「ブラックスワン」と「フェイス/オフ」。演劇=バレエを舞台に主演を奪われそうになったプリマドンナがあることで演技者として覚醒するという作品。主人公の名がニナであるのも共通。これはともに「累」劇中舞台であるチェーホフ」の「かもめ」の主人公ニーナからの引用であろう。

フェイス/オフ」はニコラス・ケイジジョン・トラボルタが互いの顔を入れ替えるというアクション映画なのでまあまんまではあるのだが、ここでこの二人がオリジナルの自分を演じる時より」互いに入れ替わった設定の役を演じるときのほうがはるかにいきいきしていたのと同様に、この「累」でも互いに入れ替わっている時の方が魅力的に映っている。累が土屋太鳳の顔をもつニナとして演技をしている時は確かに魅力的だし、原作では累の顔になって周りの目に怯えていたニナも映画では(どうせ一時的だからと開き直っているのか)堂々と傷の付いた顔を表に上げ過ごしているのでオリジナルの累の時より魅力的だ(いっても芳根京子の顔なのだから元は美人だ)。

 ニナをきちんと主人公の位置まで押し上げたことで二人の間の才能と嫉妬、劣等感みたいなものがより際立った。

f:id:susahadeth52623:20180921132705j:image

 この映画の魅力のもう一つは劇中舞台。邦画で出てくる劇中劇とか登場人物が出てくるTV番組とかそういうものが大概手抜きというか、もうちょっと実際の番組作りと同じくらいのクオリティで仕上げてくれよ、と思うのだが、本作にはそれがない。2本ある(厳密には最初の小劇団の含めて3本)劇中劇は「かもめ」(こちらは稽古風景のみだが)「サロメ」ともにちゃんと全編観たい!と思わせるものになっている。特に「サロメ」は土屋太鳳の熱演もあって、映画とは別にこれはこれで本当に公演してくれないか、あるいは全編撮影しているのならソフト化の際に是非ノーカットで独立したものとして観たい!と思う出来。土屋太鳳はこれまで舞台はやったことがないというから驚きだ。

 とにかく今年の邦画の中では素晴らしく、口紅など世界観の秘密に関するところは匂わせる程度に納めくどくど解読しなかったところや、だらだらエピローグをやらず、スパッと終わるところも素晴らしかった。


「累 -かさね-」【特報①】9月7日(金)公開

 

松浦だるま「累」画集 紅虹

松浦だるま「累」画集 紅虹

 

f:id:susahadeth52623:20180921132650j:image

「響」物語

 文芸雑誌「木蓮」の新人賞応募作としてとある原稿が届く。応募要項が全然守られていないその作品は破棄されるはずであったが女性編集者花井ふみが目を留める。

 4月、高校に入学した鮎喰響は不良のたまり場になっていた文芸部に入部し、初っ端から喧嘩を売られそれに答えた結果不良たちを追い出す。中々周りとのコミュニケーションが上手く取れない響だが、実は小説を読むこと、書くことにかけては天才だった。部長である祖父江凛夏は実は大ベストセラー作家祖父江秋人の娘であり、彼女を通じて響はふみと出会う。ふみが驚愕した応募作「お伽の庭」の作者こそ響だったのだ。新人賞受賞式で自分に喧嘩を売ってきた同時受賞作家を椅子で殴打するなどトラブルを起こす響。しかし「お伽の庭」は芥川賞直木賞のダブルノミネートを果たすのだった……

  こちらも原作は漫画。柳本光晴「響~小説家になる方法~」で既刊10巻。映画は6巻あたりまでを映画化。こちらは「累」と比べると丁寧なダイジェストという感じ。一部登場人物やエピソードをカットしているが概ね原作に忠実で、キャストのハマり具合もあって、原作のファンは満足できるだろう(その点僕は映画から入ったので分からないが、「累」の方は原作ファンはもしかしたら拒否反応を起こす人もいるかもしれない)。

 主演は平手友梨奈。アイドルグループ「欅坂46」のメンバー。現在最年少でデビュー以来ずっとセンターを務めた人だ。演技としてはグループで出演した「徳山大二郎を誰が殺したか?」「残酷な観客たち」というドラマは僕も見ている。ただ、この2作はほぼ自分を演じる形なので純粋な他人を演じるのは初とも言える。ちなみに「残酷な観客たち」はつまらなかったけど「徳山大二郎を誰が殺したか?」はそれこそ舞台劇なんかにすると面白い題材で、ある程度彼女たちのグループとしての関係やキャラクターを知っていないといけないとはいえ、十分面白いドラマだったのでおすすめ。

 今回は15歳の天才で、文章の天才の割にコミュニケーションをとるのは苦手という役柄で、やはり最年少でずっとセンターを努め、この一年ぐらいは楽曲に入れ込み過ぎたのかちょっとヤバいと言われてる状態だった平手友梨奈と重なるところがある。今回は平手友梨奈という女優の演技力がどうこう、というよりは役者と役柄がピタリと重なって違和感がないところが素晴らしいという感じなので、彼女の真価はまた次の機会であろうと思う。

 映画は丁寧なダイジェスト、と書いたが、省略された部分があることで原作よりもリカとの対比が強調された形となった。リカは文芸部の部長で作家祖父江秋人を父に持ち、自身も才能がある。高校生のうちに作家デビューもする。ただし響が天才タイプであるならリカは秀才タイプという感じで響の才能に打ちのめされる。響がWノミネートを果たす一方でリカはどちらにも残らなかった。間のエピソードがないのでこの響とリカの才能と嫉妬、劣等感の描写がより際立って痛いです。リカ役はアヤカ・ウィルソン

f:id:susahadeth52623:20180921132721j:image、 響の書いた「お伽の庭」は読んだ登場人物が皆素晴らしいと思うその一方で、しかし「累」がちゃんと劇中劇を見せてその演技力を観客に見せていたのと比べると、簡単なあらすじやその情景の感想なんかは出てくるものの、具体的な描写も実際の文章も出てこない。これは原作からそうで、まあ天才の書いた文章とされるものを実際に見せてそれで観客が納得するものを描写できるかといえば難しいので仕方がないとは言える。そこで具体的な才能よりも人物のエキセントリックな行動で描写することとなる。文章よりももっぱら肉体言語が用いられ、響は「殺すぞ」という脅し文句に対し躊躇せず相手の指を折り、暴力をふるうな、と言われて自分のためなら我慢出来ても友人のためなら躊躇しない。映画ではそういう暴力描写が実際の人によって描かれることで、原作ではわりとコミカルだったものがもうちょっとシリアスな感じに。

f:id:susahadeth52623:20180921132719j:image

まず指を折ることから始まる出会いもある(ねえよ!)。

 実際、その辺の響のエキセントリックな描写は実写になることでまた原作とは別の趣きをもっていて、飛び降りて何事もなかったようにすたすた歩き去る描写(原作では落ちない)や、新人賞授賞式で椅子で殴った田中を電車で追い詰めるシーンや雑誌カメラマンの矢野の自宅に押しかけるシーンとかは、原作ではいきなり存在するのに、映画では一応後をつける描写があることで響の行動がより非常識に見えてくる。

f:id:susahadeth52623:20180921132724j:image

 個人的には純文学は読まないです。趣味で小説書いたりもするけれど、書くのも読むのももっぱらSFやホラー、ミステリなどのジャンル小説のみ。だから毎年の芥川賞とかほとんど興味が無いし、何度もノミネートみたいなの意味があるのか?とも思うし、劇中の描写がリアルなら芥川賞受賞にそこまでのめり込んでいる人がいるんだ?という不思議な驚きもあった。それはさておき映画の構成で良かったのは小栗旬演じる作家の描写。直接響と絡むのは最後の最後だが、原作では(映画の原作となった部分の)終盤にまとめて描写されているのに対し、響の物語と同時進行で小栗旬の描写が描かれることで(そこでは響とのニアミスもある)、最後の出会いが際立つ。

 原作にあって映画で無くなって残念だったのは作家の吉野先生。吉野先生との出会いは響の作家人生においても重要だと思うし。一方無くなってよかったのは響の幼なじみ涼太郎。涼太郎自体は登場するけれど、出番は少なく特に響への恋愛描写(ストーカー描写ともいう)は完全に無くなっている。これが連続ドラマならそういう描写も入って良いけれど、時間が限られてる映画では余計な描写だと思うのでこれは入れなくて正解。

 

映画「響-HIBIKI-」オリジナル・サウンドトラック

映画「響-HIBIKI-」オリジナル・サウンドトラック

 

 


映画『響 -HIBIKI-』予告

 今回取り上げた2作に特に物語面で共通点があるわけではない。しかしともに漫画原作で公開日も近く、女性二人(累とニナ、響とリカ)の才能と嫉妬、劣等感みたいなものが描かれているなどテーマ的な部分で共通点も見いだせた。まあ一緒にした一番の理由は僕が同日にはしごしたからってのがあるんですけど。

 両作とも10巻以上続く(「累」はもう完結したが、「響」はとりあえず既刊10巻で続刊中)原作の最初の方を映画化した形なので物語は続いている。しかし個人的には映画「累」はもうこれで完結していると思う。原作の方はニナの代わりの女性を見つけ累が再び別人の女優として成り上がる話やそれと平行して口紅と母親の秘密、異母姉妹などが出てくるのだが、再び仕切りなおすのならともかく、今回の作品の続編としては正直その辺はどうでもよく続編はいらない(替わりに劇中の「サロメ」舞台を実際に公演するか完全版を見せてほしい)。

 一方「響」は続きの物語が観たい。原作にあるテレビ局に乗り込むところや文科省をぶん殴るところとか観たいのでこちらは早めに続編製作をお願いします。

 個人的に心に刺さったのは「累」の方だが、続編が観たいのは「響」と言う感じである。ともに良い邦画でした。

フェイス/オフ [Blu-ray]

フェイス/オフ [Blu-ray]

 
Black Bird / Tiny Dancers /思い出は奇麗で(初回生産限定盤)(DVD付)

Black Bird / Tiny Dancers /思い出は奇麗で(初回生産限定盤)(DVD付)

 

 

家族でヒーロー夏休み! 8月に観た映画

f:id:susahadeth52623:20180917170337j:image

 さあ、やっと劇場鑑賞リストも最後。8月に観た映画で終わりです。次からは全部で無くとも単独感想記事をあげられるといいな。それでは平成最後の夏行ってみよう!

8月

 自分では珍しく邦画が多いです。まあ仮面ライダースーパー戦隊やアニメは置いといてもわりと珍しいですね。9月は更に「累」と「響」を観に行ったりしたのでなんとなく今年の夏は邦画の印象が強いです。

8月

 ブラッド・バード監督のスーパーヒーローアニメ第2弾。前作の「Mr.インクレディブル」はピクサー初の人間がメイン登場人物と成る作品で(当時はCGでは髪の毛の表現などが難しく、その必要がないおもちゃ題材の「トイ・トーリー」が長編第1弾として製作された経緯なんかがある)、「ファンタスティック・フォー」のキャラで「ウォッチメン」をやる、というスーパーヒーロー映画となった。今回は前作のラスト直後から始まる物語で、こういうあたりはアニメならでは。今回はどちらかと言うとイラスティガールが中心の物語で、ミスター・インクレディブルは子育てに難儀したりする。

 ヒーローが先かヴィランが先か?前作もそうだが、今回もメインヴィランはヒーローに無自覚に裏切られた人物がヴィランとなってヒーローに復讐する物語。この映画にとっては明確にヒーローがヴィランを生むのだ。ところどどころもやっとするところもないではなかったけど、スーパーヒーロー映画としてよく出来ていいました。 

インクレディブル・ファミリー オリジナル・サウンドトラック

インクレディブル・ファミリー オリジナル・サウンドトラック

 

 ブラッド・バードも過去に監督を務めたトム・クルーズのライフワーク「スパイ大作戦」の映画化シリーズ第6弾。監督は前作に引き続きクリストファー・マッカリー。このシリーズ、毎回新たに監督を迎えるのが恒例だったので監督の続投は異例。それだけトムに信頼されているということか。

 前作もそうだが、今回もちゃんとした物語があるというよりはアクションシーンを先に決め、それをつなぐための物語を考えて構築した、と言う感じだった模様。ちなみに前作のラスト、ソロモン・レーンをガラスの箱に囚えるラストは、現場で思いついて実行したもので製作の偉い人はあのラストを絶賛したものの、もし脚本段階であのラストが書かれていれば「地味だから」と許可しなかっただろうとのこと。撮影中にはトムの怪我があって一時中断されたりしたが、その逸話から分かる通り今回もトムがほぼすべてのスタントを担当。ますますトムのジャッキー・チェン化が著しい。キャストもほぼ前作から引き継いで、物語もつながっている。それだけでなく1作目に登場した武器商人マックスの子どもたちが登場したり、2冒頭のクリフハンガーアクションを思わせるアクションが登場するなどシリーズ集大成と言った趣も。マクガフィンは分かりやすく核爆弾だがシリーズを見てきた人なら何の問題も無く楽しめるでしょう。

 新キャストに一人としてナポレオン・ソロことヘンリー・カヴィルがいて実は敵なのだが、彼とトムのコンビが実に息が合わなくてその意気の合わなさが逆に物語のテンポとなっているのも面白い。 

 

susahadeth52623.hatenablog.com

 前作の記事。

Mission: Impossible - Fallout (Music from the Motion Picture)

Mission: Impossible - Fallout (Music from the Motion Picture)

 

 堀越耕平原作のTVアニメ「僕のヒーローアカデミア」の劇場版。「ONE PIECE」や「HUNTER×HUNTER」「銀魂」「NARUTO」といった原作者が直接参加するジャンプアニメ劇場版の系譜に連なる作品。一年目の夏、一学期期末試験と夏合宿の間の時期を舞台に人工的な島を舞台にデクたちが活躍する。

 冒頭にオールマイトの若い頃、デビューのきっかけとなる出来事が描かれその後現在の話となる。個人的には全く外伝としてこのオールマイトの若いころに絞った物語でも良かったんじゃないかな、とも思う。というか僕はそれが観たい。

 全体として「HUNTER×HUNTER」の天空闘技場を舞台とした劇場版「The LAST MISSION」に酷似している。また1-Aの生徒のうち①メインで活躍するもの、②登場するけど活躍しないもの、③出番が全く無いものと分かれていて、①は全然問題ないものの、②と③はなぜ分けたのかよく分からない。②のキャラクターたちも救助活動などで活躍するのかな、と思ったら全く活躍しなかったし。舞台設定的にも全員出す必要はないわけで、あんな感じで出すなら最初から出さないほうが良かったような。 

僕のヒーローアカデミア (ジャンプコミックス)
 

仮面ライダービルド Be The One」の同時上映作品。名探偵エルロック・ショルメが来日。来日早々新聞記者に変装したギャングラーを見破るなど活躍するが、実はそこには陰謀が…。エルロック・ショルメはモーリス・ルブランのオリジナル「アルセーヌ・ルパン」で登場するイギリスの名探偵。元はシャーロック・ホームズその人だったが諸事情(というか当然のようにコナン・ドイルからクレームが来た)によりエルロック・ショルメ(英語読みならハーロック・ショームズ)としてルパンの好敵手となった(慣例的に日本ではホームズとして登場することが多い)。

 ルパンレンジャーの相手としては申し分ないわけだが、このショルメをココリコ田中が演じている。で登場するギャングラーの名前はウィルソン。このウィルソンはホームズの相棒ワトソンのことである。ウィルソンが怪人ということは当然ショルメも…しかしここで疑問はそもそもエルロック・ショルメなる名探偵は最初からギャングラーだったのか、それともギャングラーがその名声を利用した形なのかどっちなのか?色々気になりますね。ちなみに僕は温水洋一演じるコグレさんはカリオストロ(Cogliostro)のアナグラムなのではないかと思っていおるのでだとしたらぬっくんも敵かもしれません。

 物語的には中盤のルパンレッド魁利とパトレン1号圭一郎がギャングラーの世界に飛ばされ一時的に手を組んで脱出するのが見せ場。ルパンレンジャー側も合体してルパントリコロールになったりするが、それを思うとやはり青白赤のフランス三色旗カラーにするべきではなかったのかなどと思ったり。

 TVシリーズも無事終わった「仮面ライダービルド」の劇場版。ちょっと時間軸とTVの終わり方を比べるとズレが有るように思うので微妙にパラレルなのかも。統一された日本の新しい指導者たちが仮面ライダー狩りを指示、洗脳された民衆たちが戦兎たちを襲う!実は彼ら新しい指導者はブラッド族と呼ばれるエボルトと同じ火星の生命体で、影からエボルトをサポートしていたが、エボルトがのらりくらりしているので自ら打って出た、と言う設定。彼らを勝村政信松井玲奈藤井隆が演じていて、勝村政信仮面ライダーブラッドにも変身したりします。

仮面ライダービルド TV主題歌&挿入歌 ベストソングコレクション(ALBUM)
 

 これまでシリーズを劇場で観たことは無かったんだけど、予告編があまりに魅力的だったので公開初日に見てしまった「オーシャンズ11」のリメイクにして続編。ダニー・オーシャンの妹デビーは出所したと同時に次の獲物に狙いをつける。獲物は女優ダフネ・クルーガーがファッションの祭典で身につける特大のダイヤのネックレス。そのためにデビーは相棒のルーとともにそれぞれ特殊技能を持つ仲間たちを集める。

 まあとにかく手際が見事である程度オチは読めるものの、とにかく爽やかに楽しめる犯罪映画。登場するキャラクターが皆個性的で誰か一人はお気にい入りができるはず。僕はリアーナ演じるナインボールがお気に入りです。 

「オーシャンズ8」オリジナル・サウンドトラック

「オーシャンズ8」オリジナル・サウンドトラック

 

 昨年大ヒットの空知英秋原作「銀魂」の実写映画第2弾。個人的には前作の正統なパワーアップ続編。もちろん「銀魂」という題材や福田雄一作品の特にギャグ部分は人を選ぶので誰にでもおすすめできる作品ではないけれど(でも大ヒットしているから凄い)、それでも福田作品の弱点であるところの物語の弱さも前作同様原作の人気エピソード(真選組動乱篇)を持ってくることでカバーしているし大真面目にバカをやっているキャスト陣の頑張りもあって楽しくも感動できる作品になっていると思います。

 でもまあ一番の見所は勝地涼演じる将軍に尽きる!

susahadeth52623.hatenablog.com

 前作の記事。

 

 2010年の韓国映画「サニー永遠の仲間たち」の日本リメイク。現代パートが2018年になっていて、その分過去も10年ほどずれて1996年辺りを舞台に。物語自体は驚くほどオリジナルに忠実でなんならカメラワークとかも同じなところもあったように思うのだけど、一部登場人物が削除されたり統合されたり(凶暴文学少女クムオクとライバルグループ少女時代をイ・サンミと統合しちゃったのはダメだと思う)したことや時代のズレなどもあって個人的にはやはりオリジナルには遠く及ばないなあ、といったところ。例えば音楽。今回は音楽映画、という位置づけにもなっていて確かにミュージカルシーンなどもあるのだけど、その楽曲がすべて日本のJポップ。洋楽と韓国の歌謡曲をバランスよく組み合わせていたオリジナルに比べると、確かにあの時期Jポップが強かったがそれでも内部に閉じこもる印象が強くなる。グループ名の「サニー」の由来も全然別のものに。そこぐらいオリジナルと同じ楽曲を使えばよかったのに。

 また90年代コギャル文化とやらが過去編のキーワードらしく僕は(ほぼ登場人物と同年代だが田舎なので)知らないが、それが「援助交際=援交」という形で語られることが多いのが気になった。探偵役のリリー・フランキーが「あんたたちもやってたんでしょ」みたいなこといったり、主人公たちも「私たちはやらなかったけど」みたいな感じでさも当時の女子高生に取っては援交が当たり前みたいな形で語られていくのだ。監督は「バクマン。」の大根仁。「バクマン。」もマンガの実写映画化としてはよく出来ていたと思うが、妙に原作とは別の性的な葛藤描写を入れたりしていたが、なんかこの他人の原作である作品にも絶対性的描写を入れてやるぜ!と言う強い(そして邪悪な)意志を感じてしまう。

 キャストは過去も現在もみな良かったと思います。僕もオリジナルを見て以来、定期的に「もし日本でリメイクするならこのキャスト」とその時々のアイドルなどを想定して妄想していた。もちろん今回のキャストには全くかすりもしていないのだが。そういえばラストの現在のところ。池田エライザさんが大人になって誰が出てくるのだろうと思ったら唯一池田エライザさん本人がそのまま出てきたのでびっくりしました。てっきり石田ゆり子あたりを特別出演のサプライズとして用意していると思ったので。

 最終的にはちょっと泣けてくる部分もあるんですよ。そりゃ物語自体は全くオリジナルのままなのでね。過去のナミと現在のナミが交差するところとか(主人公の名前は日本版もナミです)。でももしこのリメイク版を見て興味を持ったらオリジナルも観てほしい。やはり総合的にはオリジナルのほうが何倍もよく出来ていると言わざるをえないです。

「SUNNY 強い気持ち・強い愛」Original Sound Track

「SUNNY 強い気持ち・強い愛」Original Sound Track

 

susahadeth52623.hatenablog.com

 オリジナル版の記事。

サニー 永遠の仲間たち デラックス・エディション Blu-ray

サニー 永遠の仲間たち デラックス・エディション Blu-ray

 

 最小ヒーロー第2弾。MCUは「アベンジャーズ インフィニティー・ウォー」ラストで大変なことになってしまうのですが、あそこで登場しなかったアントマンは一体何をしていたのか?という物語。シビル・ウォーでキャップ側に加担したことでFBIの監視下に置かれていたのです!そこに量子の世界から妻であり母親であるジャネット・ヴァン・ダインを救い出そうと試みるハンク・ピム博士とホープヴァン・ダインの親子が接触を試みて…。

 MCU作品としては初の女性ヒーローの名前がタイトルに刻まれた作品。もちろんこれまでもブラックウィドーやガモーラなどチームの一員として女性主人公と言えるキャラクターは登場していたのだけど、明確にタイトルに刻まれたのはこれが初。そしてここで言う「アントマン&ワスプ」はスコット・ラングとホープだけでなくハンクとジャネットも指しているのですな。ジャネット役はキャットウーマンことミシェル・ファイファー

 物語は予定調和的に「インフィニティー・ウォー」と同様の結末となるのだが、その時スコットは量子世界の中に取り残されてしまう。このことが果たして来るべき「アベンジャーズ4」で打開策の何かのきっかけとなるのか否か?

 次のMCUはやはり過去編。しかしもうちょっとさかのぼって80年代を舞台に描かれる「キャプテン・マーベル」。「アントマン&ワスプ」に続き女性主人公!しかも単独クレジット!サミュエル・L.ジャクソン叔父貴も若返りSFXでまだ両目があるニック・フューリーとして登場するよ! 

susahadeth52623.hatenablog.com

前作の記事。 

Ant-Man and The Wasp (Original Motion Picture Soundtrack)

Ant-Man and The Wasp (Original Motion Picture Soundtrack)

 

 というわけで一応これで全部終了。次からはなるべく(一週間に一度くらい)の感じで単独感想記事を上げたいと思います。お付き合いありがとうございました。

f:id:susahadeth52623:20180917170351j:image

将軍かよー!!!

ウサギとカメレオン 6、7月に観た映画

f:id:susahadeth52623:20180907220619j:image

 というわけでまとめて簡易感想3回めです。次からはちょっとづつでも単独記事にできるといいな。

 ちなみにこの一連の記事。紹介順は日本で公開された順なので実際に僕が劇場で観た順番とは多少異なります。今回出てくる「カメラを止めるな!」は6月公開だけど僕が観たのは8月も終わりの頃でした。そして前回書き忘れてしまったけれど「ピーターラビット」も5月の公開作品でした。でも観たのは6月入ってからだからね!それでは一覧と簡易感想GO!

 

5月(前回の漏れ)

6月

7月

 前述の通り実際に観た日と公開された日は異なるので実際は7月ももっと観ているのですが(ニンジャバットマンオンリー・ザ・ブレイブは公開後そこそこ経ってからの観賞だったと記憶)、それでもわりと偏ってますね。それでは簡易感想を。前回同様、もう単独感想記事ないので全部がブログ上では初の感想を述べる状態です。

5月(前回の漏れ)

  ビアトリクス・ポターの世界的ベストセラー児童書の実写映画。この原作絵本は僕の家にも何冊かあって、でも可愛らしい絵柄とは別にお父さんがパイにされて死んだ話とかわりとサバイバルな物語と認識していた。映画の方は家族向けにぬるくなっているのかな、と思いきや、寧ろ逆でその人間とウサギの抗争をより激しく描いたものだった。潔癖症対組織兎暴力!

 ウサギのピーターとマグレガー一族の果て無き抗争。ピーターはついにマグレガー氏の殺害に(本当は不健康な食生活がたたっての死亡)成功し牧場を我がものとする。この世の春を謳歌するピーターたちに対し、マグレガー氏の甥トーマスがやってきて抗争の第2ラウンド。わりと本気で殺しあうウサギと人間が見られます、互いに軍備拡張した結果悲劇が・・・

 超面白かったです。

 

6月

 無責任ヒーロー第2弾。今回もめちゃくちゃやってます。X-MEN映画としては「ファイナル・デシジョン」でヴィニー・ジョーンズが演じたちょっと細いジャガーノートがしっかりコミックス通りの巨漢として出てきたのが嬉しいところ。後は小さな子供との友情も物語としては見せ場。個人的にはヒロインのモリーナ・バッカリンが冒頭であっさり死んでしまったことと、予告編などで見せ場に使われてたX-フォースの面々があっさりと次々死ぬのがちょっと悪趣味過ぎて個人的にはきつかったかな(とはいえこの映画の場合そのはっちゃけぶりが見せ場なので良い。R指定だしね)。ヴァネッサ、ブラインド・アル、ドミノ、ネガソニ子、ユキオと全体的にヒロインが強い映画です。ユキオの忽那汐里は、シドニー生まれの日系オーストラリア人(後に日本国籍取得)だそうでもともと英語も話せる人らしい。その辺考えるとユキオのキャラはもうちょっと何とかならなかったのかな?と思わないでもないがこれはこれで魅力的。

 ケーブル役にはサノっさんことジョシュ・ブローリンが登場。顔はコミックスに似せているものの体格などは特にいじっておらず、コミックスのケーブルに比べるとちょっと線が細いです。もうね、DCEUの方もシリーズが続けばいずれダークサイドが登場すると思うんだけど、いっそダークサイドもジョシュ・ブローリンが演じるのが一番問題がない気がします。

 何故か公開初日に観賞。前作までの細かいストーリーをすっかり忘れていて、本編上映前に簡単な解説映像とかあるかなと期待したのだが、残念ながらなかった(YouTubeなどでストーリー紹介の動画なども公開されていたようです)ので、最初のアバンアクションを観ながら何とか記憶を呼び覚ます。巨大迷路という空間だった1作目、荒廃した世界を表現してた2作目に比べるとメインの舞台で主人公たちが進入する大都市がさほど現代の大都市と変わらないように見え、個人的には最終作にして一番地味な印象も。やはり魅力はニュート、ミンホ、ギャリーといった少年たちですね。ウォルトン・ゴギンズがまた似合わないインテリ役で出てます。

 

 日本製のバットマン映画。タイトルと舞台が日本・戦国時代と聞いた時はてっきり翻案作品なのかな?と思ったのだけど*1、実際は現在進行形と思われるコミックス本編のバットマンたちがゴリラグロッドの仕業で戦国時代の日本に飛ばされ、ヴィランたちは戦国大名を乗っ取りそれぞれ争っていて、そこに遅れてやってきたバットマンが飛ばされてきた他の仲間と協力して何とかしようという正編バットマンだった。

 僕は常々「DKRの呪縛」というようなことを言っていて、フランク・ミラーの「ダークナイト・リターンズ(および「イヤー・ワン」やあるいはアラン・ムーアの「キリング・ジョーク」といったいわゆるシリアスなバットマン)」をバットマンの本道と思うあまりそこから少しでもずれると「こんなのバットマンじゃない!」と批判する風潮(日本で多い気がするアメリカ本国とかではどうなのだろう?)をよく思っていないのだが、そんな「DKRの呪縛」を吹き飛ばしてくれるような快作。雑多なバットマンのキャラクター総登場でありながらそんなに混乱することはないし、クライマックスのタイムボカンを思わせるビックリドッキリメカな巨大ロボ対決など映像的な見せ場も多い。キャットウーマンの声(日本語版加隈亜衣)がちょっとアニメ声過ぎてもっと大人の女性であるセリーナ・カイルとは違ったかな?という気もするけれど(ハーレイ&アイビーはそんなに気にならなかった)。

 2013年に実際に起きた山火事を題材にしたヒューマンドラマ。僕は実際の山火事事件の方は知らずに見て、そして予告編などからシリアスな作品を想像していたのだが、想定外に「楽しい」映画だった。いろんなシーンで自分含め客席から笑いが絶えなかった。だからこそラストがショッキング。この不条理さは実話物ならでは。ジョシュ・ブローリンが頼もしい消防団の隊長を演じています。山火事といった時の規模が日本のそれとは段違いで消火するのに単に火を消す、類焼しそうな物を先に排除するなどやり方も色々なのだが、あえて向かい来る火に対向するように火を付けて火の勢いの向きを変える、なんてこともやるんですね。面白かったです。

オンリー・ザ・ブレイブ [Blu-ray]

オンリー・ザ・ブレイブ [Blu-ray]

 

 ゾンビ映画を作っている撮影隊に突然本物のゾンビが襲い来る。その様子がひたすらワンカットで見せられるがその真相とは?

 観たのはもう8月も終わり頃で、良くも悪くも「騒動」が耳に入ってからの観賞でした。そのせいかな、面白かったけど「舞台っぽいな」という感想を持ってしまったのも事実。法律的に「原案」と「原作」でどう違うんだろうとか詳しいことはわからないけれどまあ、宇宙世紀じゃないガンダムだって必ず「原作富野由悠季」だし、もはや設定的には全然別物と言ってもいい平成仮面ライダーだって「原作石ノ森章太郎」なのだから、ゾンビと殺人鬼と多少設定違っても物語の構造が大きく一緒でそれを映画側も認めているのなら原作扱いでいいのではないかなあ、などと思う。なんとなくこの問題で映画側を擁護している人たちは「映画より舞台のほうが上等」と言う意識が透けて見えてちょっと嫌だな、と。ちゃんと許諾を得て製作した舞台の映画化(レ・ミゼラブルとか)だってそりゃ映画化にあたって独自要素を入れようとしたり映画ならではの絵作りをするだろうし、カメラワークをオリジナルであることの根拠にされたら舞台側はたまんないよな、と思う。「隠し砦の三悪人」と「スターウォーズ」ぐらい離れていれば「リスペクトしてオマージュを捧げつつも自分のオリジナル」と言って問題無いと思うが、「用心棒」と「荒野の用心棒」なら「時代劇と西部劇で舞台が全然違うから別物」といっても通用しないと思う*2

 で、映画は面白かったです。それは間違いないです。全編ワンカットの生中継でゾンビ映画短編を作ることを余儀なくされた人たちの顛末。かなり綿密に細部を詰めないと難しそう。ネタバレ厳禁映画と話題になったが個人的には特にそうは感じなかったかな。最初の「ワンカット・オブ・ザ・デッド」の冒頭のほうで「あ、これ劇中映画か(本当にゾンビが出てくる映画じゃない)」って分かると思うし、そこのびっくりは映画の本質じゃないし。むしろすべて知った上で何度も見返したい作品だと思う。演じている役者はこの時点では無名な人たちだけど(今後ここから躍進する人も多かろう)、決して素人ではないので(バラエティの再現ドラマなどで見た人もいたように思う)、観ていて変な気恥ずかしさや不安にかられることもなく安定している。一方でなぜ劇中のプロデューサーが(ワンカットはともかく)生中継に拘るのかよく分からなかった。生中継にするなら純粋なドラマじゃなくニュースのロケ中継のPOVみたいなスタイルにする方が自然じゃないかな?その辺もしかしたら「原作としての舞台があるから」変更できなかったとこだったりするのかも。

 映画は面白かったのでぜひうまい着地点を見つけて欲しいですね。

 

 ディズニーになってからのスター・ウォーズ第4弾にして外伝2作目。興行的には芳しくなかったらしいけど、個人的にはディズニーになってからのスター・ウォーズとしては一番面白かったです。興行成績の不振はシリーズ前作にあたる「最後のジェダイ」がダメダメだったのと「スター・ウォーズ」というシリーズそのものが乱造されすぎて飽きられてるのが原因じゃないかな?と思ったり。監督はロン・ハワード

 タイトルで分かる通り今回はハン・ソロの若いころを描いた物語。ただソロ役のオールデン・エアンライクはハリソン・フォードのソロには(ルックス的にも演技的にも)あまり似ておらず、個人的には痩せたジャック・ブラックに見えてしょうがなかった。ソロ以外にはチューイとランド・カルリシアンが既存のキャラクターの若い頃として登場。この映画だけ見るとミレニアム・ファルコン号はソロよりランドのものだよなあ。

 物語は明らかに続く形をとって終わるのだが、これは別の外伝で展開されるのか、「ソロ2」があるのかどっちなんだろう。

 

 今年は「スーパー戦隊VSシリーズ」がない替りに作られた特別編。なんといってもTVの方が「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」なので。キュウレンジャーギャバン(&デカレンジャー)はTVの方で一度共演済み。そこでは異なる宇宙という設定で今回もその続きという形。宇宙忍者デモストがメインヴィランとして登場するのでヒーロー側にはジライヤも登場するが(ニンニンジャーでも出てきたTV版と同じ人なのかは不明)、実質的にはギャバンシャイダー宇宙刑事キュウレンジャーのクロスオーバー作品。

 デモストによって過去の戦隊シリーズの顔出し悪役が復活するがそこに臨獣カメレオン拳のメレがいるのがポイント。メレと黒獅子リオは悪役でありながら戦隊側追加戦士とみることもできる関係で戦隊側としてみた場合、緑でカメレオンモチーフの女性戦士ということではハミィの先輩なのですな。そこでメレ様とハミィの絡みが見どころです。ちなみにキュウレンジャー宇宙刑事の二人以外にも過去の戦隊やライダーなどに出演していた人たちがたくさん出ていますが、ヒントとしてはどんなに怪しくても一度ヒーローになった者は最後までヒーローだ!ということを胸においておきましょう。

 途中の二つに分かれてのヒーロー同士の全面対決は小規模ながら日本版「シビル・ウォー」の趣がありました。

 伊達さんは相変わらず格好良いけど、さすがに今回はナンパが度が過ぎるのでタミーにしばかれると良いと思います。

宇宙戦隊キュウレンジャーVSスペース・スクワッド [Blu-ray]
 

7月

 過去に何度も惨劇を招いたあの島がついに火山で全滅!クレアとオーウェンは恐竜たちを救うためにハモンドの親友だったロックウッドの依頼で再びあの島へ向かう。

 今回は主な舞台が島の外です。しかしあの島の火山の様子だと最初のジュラシック・パークの時(1992年)はともかく前作のジュラシック・ワールド開園時に地質調査とかしてなかったんだろうか。あれじゃ仮に恐竜関係ない例えばユニバーサル・スタジオがあの島に建設されてたとしても遠からず大惨事になってたぞ。

 中盤以降はとあるお屋敷の地下研究所を舞台とし、あるわけあり少女とオーウェンたちがインドミナス・レックスの小型改良版でもあるインドミナス・ラプトルと死闘を繰り広げる。個人的にこのシリーズでは架空の恐竜ではなく(あくまで想像ではあるのだが)実在の恐竜の活躍が見たいわけでウー博士渾身の独自生物にはあんまり魅力を感じないのだが、インドミナス・ラプトルさんは悪役として前作のインドミナス・レックスさんより魅力的ではありました。

 最後、恐竜たちは解き放たれ、地上に散らばる。前作までの「ワールド」はあくまでテーマパークの名前に過ぎなかったが、本作からは文字通り「恐竜の世界」とこの地球が成ることを暗示して終了。仮にシリーズが続くならこれまでとはガラッと違ったものになるだろう。イアン・マルコム博士(ジェフ・ゴールドブラム)も出てるよ!

 監督は「インポッシブル」「怪物はささやく」のJ・A・バヨナ。中盤までは特にバヨナらしさは感じなかったけど終盤に至ってバヨナらしさ全開の作品となったのでありました。

f:id:susahadeth52623:20180907220637j:image

  今回はここまで。8月まで一気に行こうかと思ったけど、意外と簡易のつもりがそこそこ文量増えちゃったので次に8月分を書いて一応観た映画の感想終わり。なるべく早く次書きます。アデュー!

*1:19世紀ロンドンを舞台にした「ゴッザム・バイ・ガスライト」のようなエルスワールドもの

*2:「用心棒」の場合、更に基になっているのは外国のハードボイルド小説だったりするのでややこしい

ロック様の妙技を味わう4月、5月に観た映画

f:id:susahadeth52623:20180830221517j:image

 はい、10日ぶりのご無沙汰ですね。この10日の間についに「壊れかけのPS3」から「壊れたPS3」になりました。昨年末から調子が悪かったプレイステーション3。以前にも一度壊れて修理したのですが、それから約7年。

susahadeth52623.hatenablog.com

 途中でDVD、blu-rayを読み込まなくなり、完全にtorne専門となりそれでも十分役立ってくれたのですが、さすがにもう一回修理に出す気にはなれませんでした。データとして残ってるゲーム、音楽、などもさよならです。録画した番組は外付けHDに保存していたわけですが、PS3一台一台とtorne及び録画データがひも付けされているので修理に出したり買い直したりあるいはPS4になってももう見れないんですよね。地上波のアイドリング!!!、ドラマ、主に「午後のロードショー」である映画などがもう見れない。

 そして急遽レコーダーを購入。いつもはSONYユーザーなんですが今回はPanasonic。しかし5日ほど使ってみて分かったのはtorneの圧倒的な使い易さ。今回購入したのは現時点で購入できるおそらく一番安い代物なのでこれは最もダメな機器だとは思うんだけどそれにしても使い勝手が悪すぎる。だってtorneって発売されたの2010年ですよ。そこからちょっとづつバージョンアップはしているけど、基本は変わってない。そのtorneに今年か昨年に発売されたモデルが圧倒的に負けてる。欠点といったら作動音がうるさいのと一度PS3 を立ち上げてそこからtorneを開くので使うまでに時間がかかるってぐらい。後はすべての面でtorneのほうが上です。ゲーム機としてのエンジンとレコーダーのそれとは根本から違うのでSONY含む他のレコーダーでもtorneにはかなわない、みたいな意見もみたのですが、torneに特化した(そしてblu-rayなどへの書き込み機能のついた)レコーダー発売されたら多分買うなあ。

 というわけで近況報告終了。今回は4月以降に劇場で観た映画の簡易感想です。ちゃんと単体で記事を書いたのが「ブラック・パンサー」までなので此処から先はツイッターでちょこちょこ感想述べたりはしたものの、ちゃんとしたのは初めてとなります。

・2018年4月

・5月

 思った以上に6月8月が本数多かったんで今回は4月5月分。本数はともに一月4本で週一の割合で観てることに。しかしますますジャンルが偏ってるな……

4月

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル

 元は絵本で、てっきり現代風リメイクかと思ったら1995年のロビン・ウィリアムス主演の「ジュマンジ」の正統続編。冒頭ですごろくが自己進化するのがわかる一方、主人公たちが送りこまれた異世界は前作でロビン・ウィリアムス=アラン・パリッシュが過ごした世界だということが分かる。現実とゲーム世界でキャラクターが変わるのが特徴でオタクはロック様に、ジョックスは学者に、プリンセスがジャック・ブラックになったりする。前作と違ってアナログな双六ではなく日本のアニメだと「ログ・ホライズン」とかに近いイメージ。コリン・ハンクスが出ていて、監督のジェイク・カスダンローレンス・カスダンの息子なので何気に二世総動員映画でもある。

 パンフが特徴的な造りで、劇中の地図を模した物。勢い余って買っちゃった。とはいえ読みづらいし正直内容が(地図だけに)ペラッペラなのでちょっと残念。

パシフィック・リム:アップライジング

 大人気ロボット映画の続編。僕は正直前作はそれほど楽しめず、ネットで粘着されたりしたのであんまりいい思い出はないのだけど、本作は良かったです。ただ世間的には前作に劣る、というのが一般的な評価ようで、中々うまくいかないものですな。個人的に前作は巨大ロボ映画と怪獣映画の両方を頑張ろうとして、両方共空回りしていた印象なのだけど、本作はわりと巨大ロボット映画のほうに尽力していた印象があります。素人の女の子が作った小型のイェーガーなんかも登場し、イェーガーVSイェーガーが見せ場になったりして怪獣映画の印象はほぼ消え、巨大ロボット映画として成功していると思う。カイジュウは相変わらず魅力が薄いです。ゴジラみたいな個性のある怪獣というよりはそれこそ「ゲッターロボ」で週替りで出てくる敵怪獣って感じ。昼間の戦闘シーンが圧倒的に多いのも好感度。「キングコング:髑髏島の巨神」で活躍した(してない?)景甜(ジン・ティエン)さんが怪しげな中国人起業家として出てきて、でもクライマックスで活躍するのもニュート(前作でも出てきて正直嫌いなキャラ)の末路と相まって愉快でした。ちなみに劇中出てくる東京は何か位置関係として変なのでカイジュウ襲撃で一度滅び、別の場所(富士山近く)に新たに建設された新東京なのだと思われます(エヴァンゲリオンオマージュ?)。

 前作の感想

susahadeth52623.hatenablog.com

・レディ・プレイヤー1

 アーネスト・クラインの小説「ゲームウォーズ」を原作としたSF映画VR世界「オアシス」に人々が入り浸っているのが日常となった世界。オアシス創造主ハリデー亡き後に彼の遺言に酔って始められた彼の遺産とオアシスの所有権を手に入れるためのゲーム。イースターエッグを手に入れるための3つの鍵を巡って日々ゲームが繰り広げられていた。主人公パーシヴァルは1つ目の鍵を手に入れたことから一躍有名人となるがそこには大企業の陰謀が…

 ガンダムメカゴジラアイアン・ジャイアントなど様々なサブカルチャーがこれでもかと詰め込まれたスピルバーグ最新作。ただ映像は最先端だけど、そこで描かれる道徳はわりと古いというかスピルバーグの世代の粋を超えないかな、とは思う。普遍的なものなのでそれで別段遅れている、とも思わないけど。

 劇中では森崎ウィン演じる日本人ダイトウ(主人公のゲーム仲間)がメカゴジラを操る敵(ベン・メンデルスゾーン、ローグワンに引き続き悲しき悪の中間管理職)に対抗するためにガンダムになる。ここでのセリフが「オレはガンダムでいく!」でこれは英語のセリフを森崎ウィンが自分なりに解釈して日本語にしたものだそうだが、ここで「ガンダムなら『アムロ行きます!』だろ」みたいな意見も見た。ただこの意見は個人的には浅薄に過ぎる。なぜならここではダイトウはガンダムを操縦するんでなくてガンダムになるんですね。まるでフェードインかパイルフォーメーションかのように。メカゴジラに関しては乗り込んで操縦しているけれどガンダムは操縦するんじゃなくて成るんです!だからここでアムロの出番はなし。あれが最高にして当然のセリフでしょう(実際はもともとウルトラマンだったのが版権上の都合でガンダムになったそうなのでその意味でも乗るんじゃなくて成るんです)!

 

ゲームウォーズ(上) (SB文庫)

ゲームウォーズ(上) (SB文庫)

 
ゲームウォーズ(下) (SB文庫)

ゲームウォーズ(下) (SB文庫)

 

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー

 MCU超問題作。これは実質「サノス」ですね。ついにサノスの魔の手が地球に。次々とインフィニティストーンを奪っていく。ヒーローたちもトニー、ソー、キャプテン・アメリカガーディアンズ・オブ・ギャラクシーなど集合離散を繰り返して対抗する。しかしついにサノスはすべてのインフィニティストーンを手に入れ目的を果たす……

 「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズの監督ジェームズ・ガンの過去のツイッターでの発言が問題となりシリーズを降ろされる(ディズニーから契約を切られる実質解雇*1)など現実でも揉めているMCUだが映画の方はそれどころじゃなかった!劇中サノスの指パッチン一つで宇宙の人口の半分が消滅。ヒーローたちも次々と消えていくのだった。劇中ベネさん演じるドクター・ストレンジがすべてを諦めたような、でも何か解決の糸口を見つけたかのようにサノスにアガモットの目を引き渡すけれど、そのストレンジも消えちゃったので今後の展開が全く読めません。

 ラストはキャプテン・マーベルへの含みを残し終了。明日観る予定ですが「アントマン&ワスプ」はこの「インフィニティ・ウォー」の少し前、というかなんで今回アントマンは参戦してないの?ってことを描く話らしいのでこの続きが見れるのはしばらく先(全く言及ゼロでもないだろうけど)。

5月

レザーフェイス悪魔のいけにえ

 ホラー映画の金字塔「悪魔のいけにえ」最新作。とはいえエピソードゼロというか前日譚の60年台が舞台。一応この作品と「飛びだす 悪魔のいけにえ」でオリジナルを挟む形をとるため、納得しない人も多そう。世界観的にはもちろん「悪魔のいけにえ」のシリーズなのだけど、ジャンル的にはこれまでの「悪魔のいけにえ」シリーズとは異なるニューシネマ風味。そして誰が後のレザーフェイスなのか?というフーダニッドものでもある。なので一ホラー映画として見ても評価は別れるところ。相変わらず色々矛盾は多いです。

 でもいいんです。「悪魔のいけにえ」の最新作が作られる!観る!オリジナルを越えられないのは分かっていて文句も言う。でも嫌いじゃない。そういうこと。

 ちなみにこの映画を観た後で元℃-ute鈴木愛理さんのデビュー・アルバムリリースイベントに参加。これまで色々見てきたけれどやっぱりちょっと他のアイドルとはレベルが違うな、って思ったりしました。

 前作及びシリーズの感想

susahadeth52623.hatenablog.com

レザーフェイス‐悪魔のいけにえ [Blu-ray]

レザーフェイス‐悪魔のいけにえ [Blu-ray]

 

 

GODZILLA 決戦機動増殖都市

 アニメのゴジラ第2弾。モスラの小美人を思わせる人たちやメカゴジラという名前が出てきたりするけど、結局他の怪獣は出てこずゴジラ圧勝のパターンでした。次こそは別の怪獣出てきてくれよ。

 劇中で脳筋星人(ブラックホール第3惑星人モデルの人たち)が「進化と退化」を間違って使ってて、結果行動があれなんで(脳筋だからね)人間(宇宙人含む)科学が進歩しても根本的には変わらないんだなあ、と思ったりしました。続編にして最終作は11月公開。ちなみにハリウッド、レジェンダリー版ゴジラの第2弾「GODZILLA KING OF THE MONSTERS」の予告編最高だからみんな観て! 

 ・ランペイジ 巨獣大乱闘

 最後も怪獣でロック様。元はゲームらしいのだが、とにかく痛快な映画でした。基本家族向けといっていいのだが、時折露骨なシモネタが入って家族を気まずくさせる部分あり。出てくる怪獣はそれぞれキング・コングアンギラス、バランあたりを彷彿とさせます。単に既存の生物を巨大化させただけの「巨大生物」ではなく、それぞれ巨大化の過程でアレンジが加わってちゃんと「怪獣」になってるのもの良いです。その怪獣としての描かれ方やデザインも「パシフィック・リム」より自分好みでした。ラスト近くの悪の姉弟の死に様とかあっさりしてていいね!

f:id:susahadeth52623:20180830221537j:image

  ロック様で始まりロック様で終わる春でした。ちなみにロック様ついにカメハメハ大王の伝記映画の企画が始動したようです。カメハメハ大王は「キン肉マン」において名前はプリンス・カメハメ、あの有名な像はジェシー・メイビアの外見として使われているわけですがジェシー・メイビアのもう一人のモデルはガチンコ最強も名高い”ハイチーフ”ピーター・メイビア。この「ハイチーフ(上級酋長)」はアントニオ猪木の「燃える闘魂」だったりハルク・ホーガンの「リアル・アメリカン」だったりと同様のリング上のキャッチフレーズですがギミックではなく、本当のサモアのハイチーフの称号を持っている人物だったりします。そしてこのピーター・メイビアの娘と結婚したのが美しいドロップキックで有名な黒人レスラーロッキー・ジョンソン。この二人の子供がドウェイン・ジョンソンです。ドゥエインは長じて父の名と祖父の姓を合わせた「ロッキー・メイビア」のリングネームでレスラーデビューするのですが、これが紆余曲折を経て「ザ・ロック=ロック様」へと昇華するのです。つまり何が言いたいかというと、ロック様がカメハメハ大王を演じるのはある意味当然というか運命のめぐり合わせ!楽しみに待ちましょう。

 というわけで次位は6,7,8月!

*1:個人的には解雇やむなしかな、と思うしGotGは独立性が強かったのでガン監督によるシリーズ継続を望む人たちの思いも分かるけど一応アベンジャーズに合流したし次は違う人の監督するGotGも見たいなという感じ。ただ続編は絶賛製作が暗礁に乗り上げ中

熊、半魚人、黒豹、雀2018年1月~3月に観た映画

f:id:susahadeth52623:20180227175510j:plain

 3~4ヶ月ぶりのブログ更新でございます。この約3ヶ月何をしていたのかというと、まあ特に何もしていなかったのでございますね。最初の1ヶ月は確かにブログを更新できない諸事情があったのですが、残りはずっと「なんかいっか」と惰性で更新をサボっていました。6月中に一回でもやる気出しとけばよかったけど、7月入ったらもう暑さで何もやる気が起きなかったしね!

 しかしそんな中でも映画は観ていましたよ!というわけで2018年の夏も終わり。本当なら6月終わった時点で上半期の観賞リストとその時点のベストとかを出しとくべきだったと思うのですが、とりあえず劇場観賞作品を上げたいと思います。長くなりそうなので何回かに分けて。

  • 2018年1月

パディントン2

  • 2月

スターシップ・トゥルーパーズ レッド・プラネット

グレイテスト・ショーマン

 

  • 3月

15時17分、パリ行き

ブラックパンサー

シェイプ・オブ・ウォーター

リメンバー・ミー(同時上映アナと雪の女王/家族の思い出

トゥームレイダー ファースト・ミッション

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書

レッド・スパロー

ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男

ヴァレリアン 千の惑星の救世主

1月2月何にも観てねえじゃん!と思ったけど急に3月になってめちゃくちゃ観てた。なのでとりあえず今回は3月まで。好きなジャンルの話題作がある月に集中するからこういうことも起きるのだけど、観てない月はだいたい新作をたくさん見るより好きになった作品を何度も観るパターンが多かったりします。「パディントン2」も「グレイテスト・ショーマン」も3回ぐらいづつ観ましたしね。

 それでは各作品簡単に感想を(もう今となっては数少ないですがちゃんと感想記事書いたのはそこへのリンクを)。

 

パディントン2 
susahadeth52623.hatenablog.co

スターシップ・トゥルーパーズ レッド・プラネット

  ロバート・A・ハインライン原作、ポール・バーホーベン監督による傑作SF作品のアニメ版。このシリーズは実写映画が3作、CGアニメによるTVシリーズ、そして日本で作られたTVシリーズとはパラレルなCGアニメ映画があって、本作はその2作目。僕は前作「インベイジョン」は観ていなくて、あくまで日本オリジナル作品かな、という程度の認識で観に行ったのだが、脚本が3作目の監督でシリーズの脚本家でもあるエドワード・ニューマイヤーで、登場人物もジョニー・リコ、ディジー・フローレンス、カルメン・イヴァネス、カール・ジェンキンスといったシリーズ第1作のキャラクターが出ていて、しかもジョニーとディジーに関してはそれぞれキャスパー・ヴァン・ディーンとディナ・メイヤーが担当しているという正統な続編であった。最も僕が観たのは日本語吹替版だけども。ちなみにディジーの声が日本語だと上坂すみれさんでちょっと1作目から知ってるディジーのキャラには合ってなかったかな?という気も。とはいえよりアニメっぽくデザイン化されたディジーには合っていたと思われます。

 アラクニド・バグズとの争いというよりは地球連邦内での揉め事と陰謀が中心だけれど、スターシップ・トゥルーパーズらしさは失っていない面白さがありました。

 

グレイテスト・ショーマン 

  19世紀アメリカ、稀代の山師P・T・バーナムを描いたミュージカル映画。と言っても伝記映画ではなく、あくまでバーナムをモデルにした作品といったところ。描かれる出来事は実際には何十年にも渡るが、劇中では1〜2年ぐらいの出来事として描かれている(バーナムの2人の娘がほとんど成長しない)。バーナムは年老いた黒人女性を「ワシントン大統領の乳母」といって見世物にしたような人物だが、現在のサーカスの基を作った人物でもある。トロイ遺跡発掘で有名なシュリーマンが幕末の日本に来た際、独楽回しなどの大道芸を見て「バーナム氏は(ワシントン大統領の乳母とか見世物にしてないで)今すぐ彼らをスカウトするべきである」といったような内容の手記を残していたりする。ちなみにバーナムと日本の関係だと日本製の人魚のミイラ(猿の上半身と魚をくっつけたもちろん偽物)を展示していたりしたらしいですね。

 実際のバーナム氏はもっと一癖も二癖もあって単なる情熱の人では無かったと思うけれど、映画でヒュー・ジャックマンが理想に燃える熱い男を演じています。ジャックマンやレベッカ・ファガーゾン、ゼンディヤ、キアラ・セトル、ザック・エフロンといった歌も一流な俳優たちによって奏でられる楽曲はどれも見事。音楽は「ラ・ラ・ランド」のベンジ・バセック&ジャスティス・ポールのコンビだけれど断然こっちのほうが耳に残り素晴らしいです。  

グレイテスト・ショーマン(オリジナル・サウンドトラック)

グレイテスト・ショーマン(オリジナル・サウンドトラック)

  • アーティスト: ヴァリアス・アーティスト
  • 出版社/メーカー: Atlantic Records
  • 発売日: 2017/12/08
  • メディア: MP3 ダウンロード
  • この商品を含むブログを見る
 
  • 3月

15時17分、パリ行き
susahadeth52623.hatenablog.com

 

ブラックパンサー 

susahadeth52623.hatenablog.com

 

シェイプ・オブ・ウォーター
susahadeth52623.hatenablog.com

 

リメンバー・ミー(同時上映アナと雪の女王/家族の思い出

  同時上映の「アナと雪の女王/家族の思い出」は雪だるまのオラフが主人公の短編。ただちょっと短編というには長い印象もあり、またオラフはかなりうざったいキャラなので脇役として主人公の周辺にいる分には良いキャラクターだが、主人公となるとちょっとイラッとしちゃうかな。

  本編はメキシコが舞台のファンタジー。音楽が禁じられた靴職人一家に育った音楽大好き少年ミゲルがふとしたことで死者の世界に迷い込み、すでに死んでいる家族たちやそこで知り合ったヘクターと現世に戻るべく奮闘する。音楽と思い出がテーマでよく出来ているものの、ちょっともやっとする部分も。最近のディズニー/ピクサー作品とか無理に悪役を作らなくても成立しそうな話が多くて、でもそんな中無理やり悪役にされてる人がやられてもなんかすっきりしないんだよね。とはいえそこはピクサーなので作品の質は高いです。

 フリーダ・カーロエル・サントなんかも出てるよ(死者として)。

 

トゥームレイダー ファースト・ミッション

 人気ゲームの映画化第3弾。とはいえ以前に映画化されたアンジェリーナ・ジョリー姐さんの2作とはつながっているのかも不明(僕はゲームの方は全く遊んでいません)。時間軸的にもララ・クロフトが冒険家としてデビューする話なので最初の物、という感じなのだろう。日本史永遠の謎「邪馬台国卑弥呼」のナゾ・埋葬地などが明らかに!

 主人公ララ・クロフトアリシア・ヴィキャンデルは「エクス・マキナ」のアンドロイド、エヴァの人。夫はマイケル・ファスベンダーです。悪役のイメージ強いドミニク・ウェストが最後までいい人だったのと、粗暴なチンピラやらせたら右に出るもの無しのウォルトン・ゴギンズがまさかの知的なラスボス!っていうのが意外でしたね。アクション映画としては及第点。

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書

 今の日本では公文書偽造が当たり前のように起きている異常事態なのだけど、そんな状況の中公開され、今の日本のあわせ鏡だ!と話題になった映画。ニューヨーク・タイムズのスクープから始まりワシントン・ポスト紙が後追いするベトナム戦争に関する国防総省の機密文書「ペンタゴン・ペーパーズ」をめぐる報道の自由と政府による弾圧と闘う物語。物語はワシントン・ポスト氏の編集部を中心に発行人である社主のキャサリン・グラハムと編集長ベン・ブラッドリーの対立や友情を描く。キャサリンはファミリー企業の二代目(初代である父親の後は夫が継いだが自殺したため社主に就任)なため政府上層部とも付き合いがあり、その中で友人づきあいと報道のどちらを選ぶか苦悩したりする。

    スピルバーグ監督作品なので音楽は当選のようにジョン・ウィリアムズなのだが、時折ジェリー・ゴールドスミスっぽい部分も。

 そしてこの映画ノーラ・エフロンに捧げれていて、なぜ今ごろ(ノーラ・エフロンが亡くなったのは2012年)と思ったりしたけれど主演のトム・ハンクスメリル・ストリープとの仕事が多かったって以外に元夫がウォーターゲート事件の記者カール・バーンスタインでその時期のことをエフロン自身による脚本で映画化していたり(「心みだれて」)、テーマ的な部分で関係したりするのですな。

レッド・スパロー

susahadeth52623.hatenablog.com

 

ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男

  高度に発達した特殊メイクはチャーチルヒッチコックの区別がつかない。

 ゲイリー・オールドマンアカデミー賞を取った映画。変人扱いされていたチャーチルが首相に就任し、ダンケルクの作戦を実行するまでの葛藤を描く。かなり一面的な描き方なのでこの映画だけ見てすべてを知った気になるのは危険だとも思うけど面白かったです。

 クリストファー・ノーラン監督の「ダンケルク」が徹底的に現場だけを描いた作品だとすればこっちは逆に現場を一切描かず後方の事情だけを描いた作品。見事なまでに裏表なのでセットで見たりなんなら時間ごとに交互に見たりすると面白いかも。とはいえ演出のテンポも違うあくまで別作品ですけどね。

 

・ヴァレリアン 千の惑星の救世主

  リュック・ベッソン監督のスペース・オペラ。正直ヴィジュアルだけの空疎な大作映画だろ、って感じでたいして期待せずに観に行ったんだけど凄え面白かったです。アメコミとも日本の漫画ともまた違うBDの面影をきちんと残しつつ、でも(作品の雰囲気的にも物語的にも)決して難解ではなく一級の娯楽品として仕上がっている作品。テーマ的にちょっと訴える部分もある。

f:id:susahadeth52623:20180820231558j:image

 主演はデイン・デハーンとカーラ・デルヴィーニュの美男美女コンビ。二人と年齢的には十分大人だけど外見的にはまだ美少年美少女といっても良い。でもその辺が二人の天才という設定に説得力を与えている。そしてこれだけ美男美女のカップルなのに何処か幸薄い感じも共通。その幸薄さが脳天気になりすぎず程よい緊張感をもたらしているとも言える。

 日本の作品だと寺沢武一の「コブラ」が一番近いかな。「コブラ」って実写化の噂を聞いてもう5年ぐらい経つな、とか今なら全然実写化出来そうだな、とか思いながら観てたので劇中出てきた3人組エイリアンが「コブラ」に出てくるアヒル型エイリアンにしか見えませんでした!

f:id:susahadeth52623:20180820231544j:image

 邦題は「千の惑星の救世主」より原題直訳の「千の惑星の都市」のほうが良かったかな。

ヴァレリアン 千の惑星の救世主 [Blu-ray]

ヴァレリアン 千の惑星の救世主 [Blu-ray]

 

  さて、1月2月に対し、3月がいっぱいだったのでとりあえず今回はこの辺で。次も4月以降観た作品を一気に紹介の予定です(なるべく早く)!

酒は飲んでも飲まれるな! お酒映画ベストテン!

f:id:susahadeth52623:20180506191034j:image

乾杯!

 というわけでワッシュさん(id:washburn1975)さんの恒例企画です。今回すっかりチェックを忘れていて、先ほど気づきました。そして締め切りは今日まで!なので突貫ではありますが参加したいと思います。

  今年は「お酒映画ベストテン」!最近はジャニーズ人気グループの一人が酒に酔って未成年にキスを強要したとして大騒ぎになり、それに伴う喧々諤々の状態ですが、この企画が発表されたのは4月の16日なのでその事件とは関係ない模様です。

d.hatena.ne.jp

  僕自身はお酒はほとんど飲めず、飲み会などの場では最初に一杯程度、後はソフトドリンクでというレベルです。日本人は基本的にお酒が弱いのですが、僕はその中でもすぐに顔に出るのであんまり強要されるということもなかったですね。むしろすぐ心配される感じ。なのでお酒での失敗も家に帰ってトイレまで間に合わずに玄関でゲロぶちまけた、というのが最初にして最後、最大の失敗だったと思いますがこれももう10年以上前のこと。

 最近は「酒は百薬の長」などというのもほぼ嘘(というか元々の意味が本当に薬になる、という意味ではなかったという説も)と言われていて、酔って気持ちいい以外は身体的には害しかないそうです。まあ他人に迷惑をかけなければ良いとは思います。先ほどの芸能人の事件でもしきりに「酒は悪くない。人が悪い」とか言われてますけど、もちろん個人が悪いのは大前提でその上で「やっぱり酒だってちょっとは悪いんじゃねえの?」とは思います。

 さてそんなお酒にまつわる映画ベストテン。自分が飲まないので、あんまり印象に残る映画の飲酒シーンってパッとは思いつきませんでした。特に男女がお洒落なレストランでワイングラスを傾けて・・・・・・みたいなのは全然。なので苦労はしたのですがとりあえず思いついたのを。

 

  1. 大脱走(1963年 ジョン・スタージェス監督 米)
  2. シンクロナイズドモンスター(2016年 ナチョ・ビガロンド監督 カナダ/スペイン)
  3. キャプテン・アメリカ/ザ・ファーストアベンジャー(2011年 ジョー・ジョンストン監督 米)
  4. ホビット思いがけない冒険(2012年 ピーター・ジャクソン監督 ニュージーランド/米)
  5. ロード・オブ・ザ・リング王の帰還(2003年 ピーター・ジャクソン監督 ニュージーランド/米)
  6. ドランクモンキー酔拳(1978年 ユエン・ウーピン監督 香港)
  7. 酔拳2(1994年 ラウ・カーリョン監督 香港)
  8. ワールズ・エンド酔っぱらいが世界を救う!(2013年 エドガー・ライト監督 英/米/日)
  9. ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔い(2009年 トッド・フィリップス監督 米)
  10. クロウ/飛翔伝説(1994年 アレックス・プロヤス監督 米)

 もう完全に思いついた順ですね。劇中で何が飲まれているかは説明されてるのもあると思うんですが、ぱっと思い出せないのでそれは適当に。主にビールとウィスキーが中心だと思われます。それではそれぞれ簡単に解説。

f:id:susahadeth52623:20180506174928j:image

 ご存知脱走映画の金字塔。劇中スティーブ・マックイーンら数少ないアメリカ人3人が独立記念日に備えてじゃがいもから酒を作るシーンが有ります。この時の3人が試飲する様子が本当に美味しそう。この後他の捕虜たちにも酒を振る舞い(大多数のイギリス籍の兵士に対して独立記念日ということで「イギリスクソ食らえ!」といって酒を注ぐのが粋ですね)、直後の悲劇を際立てます。史実ではこの独立記念日を祝うエピソードは別の捕虜収容所でのことらしいですが、印象深いシーンです。ちなみにお酒は飲めない僕ですが「密造酒作り」には心惹かれるロマンを感じますね。 

susahadeth52623.hatenablog.com

 

f:id:susahadeth52623:20180506174928g:image

 わりと最近の作品が第2位。女性のダメ人間が主人公という珍しい映画(自分はあんまり見たことない)。酒によって韓国の都市を破壊する!もう一人(の怪獣)も酔っぱらいで最低だ!

シンクロナイズドモンスター [Blu-ray]

シンクロナイズドモンスター [Blu-ray]

 

f:id:susahadeth52623:20180506184903j:image

 マーベルで酒というとアイアンマンことトニー・スタークのアル中エピソードが思い起こされますが、映画のMCUの中では特にその辺は触れられず、「アイアンマン2」におけるパラジウム中毒のシーンで代用している模様。なので「アイアンマン」ではなく「キャプテン・アメリカ」を。このシリーズ第1作はMCU全体の時系列としても最初の方を描いた作品であり(神話時代などを含めればもっと遡る描写はあるが一本の映画としては一応最初の物語)、今となってはどこか牧歌的な印象もあるこの作品。劇中では二度ほど印象的な飲酒のシーンがあります。最初はスティーブが超人兵士になるための実験を受けるその前の晩にアースキン博士と語らうシーン。ここでは微笑ましいながら乾杯だけして実験直前にアルコールはダメ!と飲ませてもらえませんね。もう一つはバッキーを失い自分の無力を知ったキャップが一人やけ酒を煽るも、もう酔えない身体になっているので全然意味が無い、という超人兵士になった者の悲哀を感じさせるシーン。他にも幾つかお酒のシーンが有ります。

susahadeth52623.hatenablog.com

 

f:id:susahadeth52623:20180506191041j:image

 この2本は両方共中つ国の酒飲みをご紹介。「ホビット」の方ではドワーフたちの豪快な飲みっぷりが、「ロード・オブ・ザ・リング」ではホビットたちの愉快な飲みっぷりが堪能できます。最後の「王の帰還」のラストのホビットたちの飲み会は大冒険を成し遂げて成長した者達のちょっとしんみりした様子もいいですね。 

susahadeth52623.hatenablog.com

f:id:susahadeth52623:20180506184730j:image

 そしてジャッキー・チェンの2本。多分この「酔拳」とこの後の「ワールズ・エンド」「ハングオーバー!」の3本は多くの人のベストテンに登場するかと思われます、僕も結局外せなかった。酔拳は特に決まった流派があるというわけでなく一説には「水滸伝」の豪傑行者武松が最初ともいわれています。実際の酔拳は「形は酔っても意は酔わず」ということであくまで酔っぱらいの先が読めない意表をついた動きを拳法に用いるのが本意であって、実際に酒を飲んで戦う拳法ではないのですが、映画ではそれでは面白くないので実際に飲んじゃいますね。「酔拳2」の方では工業用アルコールを飲んで戦ったりします(ありゃ?メチルアルコールって飲めないのか)。酒の恐怖も描いている!

酔拳2 ― スペシャル・エディション 2枚組 [DVD]

酔拳2 ― スペシャル・エディション 2枚組 [DVD]

 

 

  • ワールズ・エンド酔っぱらいが世界を救う!(2013年 エドガー・ライト監督 英/米/日)

  エドガー・ライトサイモン・ペッグニック・フロストといったおなじみの面々によるパブはしご映画。なんか最後の方どんなんだったかもう覚えていないけれどお酒が飲めたらもっと面白かったんだろうなあ、と思う映画でした。

susahadeth52623.hatenablog.com

 

  バチェラー・パーティーで羽目をはずすのは危険!

susahadeth52623.hatenablog.com

 2の方の感想です。

ハングオーバー! [Blu-ray]

ハングオーバー! [Blu-ray]

 

 

 最後はこちら(1点狙い)。ジェームズ・オバー原作、アレックス・プロヤス監督によるダークヒーロー映画。ブルース・リーの息子、ブランドン・リーの最後の映画でもあります(この映画の撮影中に銃撃を受けるシーンで実際に実弾がこめられていて死亡。足りないシーンをすでに撮影済みのシーンからCG合成して完成させたことで話題となった)。あんまりろくな飲み方が出てこないですが、ひときわ印象深いのはTバードたちが酒を飲むときに一緒に銃弾を飲み込むシーン。火薬そのものはちょっと美味そうな気もしますがシェル込で飲むのはちょっと理解の外でありその分悪党たちの狂気さ、不気味さが発揮されていますね。

  というわけで「お酒映画ベストテン」でした!突貫で書いたので乱雑ではありますがご容赦を。酒は程々に!

f:id:susahadeth52623:20180506203242j:image

 昨年のベストテン企画はこちら。

susahadeth52623.hatenablog.com

susahadeth52623.hatenablog.com